スポーツが嫌いなのは体育の授業のせいだ

先日武井壮さんが日本のスポーツへの取り組み方に疑問を投げかけていたのを読んで本当にそうだなととても共感しました。

「スポーツ嫌いをなくそう」というのはスポーツが嫌いな子供にとっては単なる押しつけでしかなく、そういった部分を無視して「スポーツは良いことだ」と嫌なことを無理強いされても全く好きになれないということをこのスローガンを考えた人が分かってないんだろうなと思います。

スポーツ嫌いになるきっかけはどう考えても学校の体育の授業です。運動が苦手な子が上手く出来ないと「ダメだなあ」という空気になって恥ずかしい思いをする上に評価まで低く、嫌な思い出しかないのでスポーツが嫌いになります。そもそも体育の教師は運動神経の良い人しかいないので、運動が苦手な生徒の気持ちが分かるはずもなくまた出来ない生徒を無意識に馬鹿にする傾向があります。そして一定の基準に達してないと補習と称して放課後に走らせたり、夏休みに泳がせたりする教育法そのものがスポーツ嫌いを生み出しているのではないでしょうか。そういった経験をしてしまうとスポーツが良いことなんだといくら言われたところで心は動きませんし「楽しい」という経験も無いのでスポーツをしようと思う気持ちも湧いてきません。

本当にスポーツ好きを増やしたいのなら国は体育の教育方法や評価方法を変える必要があると思います。ラティースは、まつ毛用育毛剤です

スポーツが嫌いなのは体育の授業のせいだ

幼馴染に久しぶりに会うことになりました

先日久しぶりに幼馴染みに電話しました。今年還暦を迎える私です。何となく、ともに故郷で過ごした時間を共有する幼馴染みが懐かしくなったからです。Y君に電話してみました。遠く離れてはいるものの、あっという間に心の垣根が消えるのが不思議でした。しかしもう何十年も違う環境、違う仕事をしながら生活しているわけです。また、昔のままでいるわけでもありません。お互いにです。懐かしい話をした後は、現実の話題になりました。話していると私も彼も「病気」を抱えながら「戦って」いる話題になりました。年齢は隠せるわけではありません。また、それが現実です。薬の話になりました。彼は多くの薬を飲みながら生活しているのです。私もそうだという話になりました。彼が言いました。お盆に帰省するからぜひ会おうと。きっと幼少の話、小学校時代の話、中学生の頃の話で盛り上がると思います。楽しみです。一方、何となく心配にもなるのです。昔のままというのはあり得ないのですから、変わったことがあると思うのです。しかし、それもとても興味があります。やはり再会は楽しみなのです。http://xn--eck9axeugp908b9ke.net/

幼馴染に久しぶりに会うことになりました

「ご機嫌で帰宅〜お守りが大変〜手のかかることで・・」

主人がご機嫌で帰宅です。ちょっと飲んでくるとのことでしたので、わかってはいましたが、ヤレヤレ〜です。

ま、今日はご機嫌がよいようなので、ヨシとしましょう。とりあえずお風呂に入って、ビールを開けて、テレビをつけて、ちょうど「全日本学生柔道優勝大会」をやっていたので、「審判」「監督」に、なっています。

まぁ、うるさいことで、声をかけたり、イケイケと声援したり、違う違うと怒ったり、すっかり「審判」「監督」に、なりきっています。

騒々しいですが、楽しそうなので、ほおっておきます。片付けをしているうちに、あら?静かになっています。

まぁ〜椅子に座ったまま、眠り込んでいます。静かになったわけだ!そのままそっとしておきます。

長年の経験の積み重ねで、「こんなところで寝てないで!さぁ起きて!ベッドに入って!」などと声をかけたりせずに、ほおっておくのが一番良いのだと学習しています。

では、さっさと片づけて、私も寝ることにしましょう。明日の朝には、ケンカにならない程度に、ちくりと言ってやらなくては・・http://xn--j-eeuwctgpa7i3585em0f.com/

「ご機嫌で帰宅〜お守りが大変〜手のかかることで・・」

キャラの濃い宗男さん夫婦

NHK連続テレビ小説では個性的な女優さん、俳優さんが揃っていて毎日見るのが楽しみなのですが、ビートルズの話題の今、ひと際気になるのがみね子の叔父さんの宗男さんです。みね子のお父さんの弟さんで、奥さんの家に婿養子に入りました。その奥さんというのが南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代さん。キャラの濃い夫婦です。

最初、滋子(山崎静代さん役)は一瞬しか出てこなかったのですが、最近ちょこちょこと出演しています。宗男はビートルズの真似をしておかっぱ頭。イギリスの旗をバイクに差したり自分の部屋に飾ったりするほどのビートルズファンです。ビートルズが来日するということで居ても立っても居られなくなりみね子のいるアパートへ駆けつけてきました。しばらくは宗男さんワールドがさく裂しそうです。宗男さんを演じているのはパンクロックバンド「銀杏BOYZ」のメンバーである峯田和伸さんという方だそうです。残念ながら歌は聞いたことはありませんが、これからブレイクしそうな方だなと注目しています。http://xn--dx-gg4atd1cr3c2s0cy564j45h.biz

キャラの濃い宗男さん夫婦

予約制のクリニックで2時間待たされました

予約制にしているクリニックも多いと思います。

予約制にしたほうが受診者管理も行いやすいのだと思います。

また予約制だと待ち時間も少なくて済む、というメリットがあります。

総合病院や大学病院の場合、予約制であってもかなり待たされるということはあると思いますが、クリニックであればそんなに待たなくてもよい、と思っていました。

それが先日2時間も待たされてしまったのです。

連日の仕事関連のストレスで疲れ切っていた上に2時間も待たされると更にイライラが募ってしまいます。

2時間待たされた理由は出産。

出産の患者の対応ということで医師が不在になってしまったのだそうです。

まあ、仕方がないのかもしれませんが、それでも待たされるのはちょっと嫌だなと思ってしまいました。

予約制のクリニックはどんなに待たされても30分ぐらいが限界なのかなと思います。

それ以上になってしまうと、ちょっと悩んでしまいますし、キャンセルもしたくなってしまいます。http://xn--ed-eh4apeogyae1mx419fygh.biz

予約制のクリニックで2時間待たされました

自転車でちょいと遠出

天気も良かったので思いつきで、自転車で一時間半位の距離にある自然公園へ向かいました。もう何十年ぶりとなるので行き方もさっぱり忘れていて、スマホで時々マップ確認しながら走ったのですが地図音痴というか案の定迷ってしまいました。この道かと走った所がサイクリングロードになっていて途中で抜ける曲がり道がなく、山間になってる為、普通自転車で普段の運動不足もあり早くもバテて汗だくでした。途中すれ違ったり追い越す方は皆サイクリング用の自転車と格好だったので場違いだな自分と思いつつ、それでも走るしか無かったので必死に漕ぎ進み、ようやく抜ける道を発見しました。傾斜のある森の中を下る感覚で自転車から降りて押し進むと神社にまず出ました。更に下に降りる為もっと樹木が生い茂った細道を進みました。するとブーンと1匹の蜂が目の前を横切るのが見え緊張が走りました。スズメバチです。声をあげないようにゆっくり歩き出すと、気づいたのかこちらに向かって来たので思わずうっと声をあげて体勢を更に低くし一気に駆け出しました。そのまま暫く下り続け何とか住宅街まで抜ける事に成功しホッと一息。6月でもスズメバチはいるんだとドキドキの経験でした。http://xn--nckguib2g4gcs6j7cu567mhmja.net/

自転車でちょいと遠出

天気のよい日は外でランチ

家の近くに割と大きな公園があります。引っ越してきた当初から、そのことは知っていたのですが、一度も足を踏み入れたことがありませんでした。

一人で近所のスーパーで買い物をした帰りに、ふと公園を散歩してみようかと思い、初めて行ってみました。

芝生の大きな広場、遊具があり子供が遊べるスペース、池もあり、想像していた以上の規模の公園でした。

ミニハイキングコースのようなものもあり、草木が生い茂る山道(といっても公園内ですが)をお散歩することもできました。ネットで調べたら、春には桜が咲くそうです。なんて素敵な公園なのでしょう。今まで行かなかったことがもったいないです。

すっかり気に入ったわたしは、数日後、再び買い物帰りに寄り道をしてみました。今度はパン屋さんでパンを買って。広場のベンチで食べました。外の綺麗な空気を吸いながらのランチは、とても気分がよく、大好きなパンがますます美味しく感じられました。

次回はお弁当を持って夫と行こうと思います。http://xn--jp-bh4atevb6j2b3d2748iygh.biz/

天気のよい日は外でランチ

正社員の中途採用を受けたが書類審査落ちだった

あるスーパーでパート社員として5年9ヶ月以上働いてきました。正社員の中途採用を夢見て今まで必死に知識や技術を磨いてきたつもりです。今まで一緒に働いた社員の中には、パート社員から中途採用に合格して正社員として頑張っている人もいた上、社内での評価も上々だったので私にもチャンスはあると信じて頑張ってきました。

そして先日、待望の中途採用の募集が始まったので、意を決して応募してみました。数日の審査期間を経て届いた結果は、無念な事に予想を遥かに下回る書類審査落ちでした。面接にすら辿り着けませんでした。

確かに職歴も余り良くないし、年齢も40手前のアラフォーなので、企業が求める最低限の社会的条件をクリアしていなかったのでしょう。

それでもやはり正社員を目指してきた私としては、相当な精神的ダメージで、一時的かつ突発的にせよ辞めたいという考えが頭を過りました。今では少し冷静になって、衝動的な行動は控えていますが、色々生き方や考え方の修正を迫られそうです。http://xn--35-gg4ahq2c5c1c5a3h4oja5b3e8gb98001bc7ma.com/

正社員の中途採用を受けたが書類審査落ちだった

毎日がドミノ倒しみたい

こどものころ。一週間は長く。一日だってとっても長く。

一年は本当にながく。夏休みの初日の新学期までの道のりはとてつもなく長かったのです。

インターネットもスマホもなかったし。ウチは貧乏だったのでビデオデッキもなく。

毎日、お昼の幽霊特集とか再放送のアニメをみて。甲子園で野球をやってて、扇風機の前で昼寝して。

ずっと長い休みだったことを、思い出すんですが…。

日々、とぶようにすぎていって。

一週間とかあっというまにすぎていき。

実は八月に誕生日なので、夏の終りにはひとつ年をとっちゃうんですけれど。

え?また、八月がくるんですか?また誕生日ですか。

ちょっとまってください、この間30代がおわったばかりなんです。

なんでわたし…もうアラフィフとかそういう年齢になっちゃうんですか?

毎日。自分のことだけじゃなくて。こどものやっていることをおいかけて。

ひとつのことがおわったらまたひとつ、やることが増えていきます。

小学校の六年間をすぎさったあとって、中学校と高校って三年しかないんですよね。

ええ、三年しかない。それなのに。

なんでこーんなに…制服とグッズにお金かかるんですか?(笑)http://xn--kckg4a6k4cqb4708km0f.com

毎日がドミノ倒しみたい